AGAの悩みはプロペシアで解決

プロペシアというのはアメリカの製薬会社が開発した世界レベルでも60カ国以上で承認され実績のある男性型脱毛症用薬です。
ちなみに男性型脱毛症用の事を英語では(androgeneticalopecia、androgenicalopecia、alopeciaandrogenitica)と表現する事が出来、通称AGAと省略して呼ばれる事も多くあります。
この薬が日本で国の認可が下りたのは2005年に、日本の製薬メーカーから0.2ミリグラム錠と1.0ミリグラム錠が発売され、外観は薄いピンク色をしているのです。
それでは、プロペシアの歴史について紐解いて見ましょう。
そもそもこの薬は男性の脱毛症の為に開発されたわけでは無く、抗アンドロゲン薬という男性ホルモンをコントロール薬が開発され、前立腺のガンとか前立腺肥大症の治療薬として生まれたのです。
そして、そのお薬に含まれている有効成分はフィナステリドという物質を含むので、排尿障害の治療薬としても現在も使用されています。
そして、前立腺関連の患者に投与したところ、患者の頭髪が増加していく減少が確認されたのは想定外であった訳ですが、ここから前立腺関連の研究とは別に、AGAの為の研究が始まりました。
また、プロペシアの効果・効能について言及しますとAGAも原因物質は、ジヒドロテストステロンという物質で、実際のAGAの患者の頭皮からもジヒドロテストステロンがある事がわかっています。
このジヒドロテストステロンは5α還元酵素という物質により、テストステロンという筋肉を増大させたり、肩幅や胸筋等を発達させる役割を持つ物質が生成されるのです。
そして、このジヒドロテストステロンが、毛髪の生える土台の大坊である毛乳頭細胞に存在すると男性ホルモン受容体と結合されてしまうと、成長期である毛髪にも関わらず「育毛を停止しなさい」というメッセージが出され、毛髪の生育が停止してしまい、結果として毛髪が薄くなってしまいます。
そこで当該のお薬を使えば、ジヒドロテストステロンを意図的に阻害して抑制する事により。
成長期の溜めの時間を作り、太くてコシのある髪を生育しようという事なのです。
日本国内に臨床試験の結果では、この薬の検証結果によれば、プロペシア1ミリグラムを1年間の間に投与して、1年目には6割弱程度・2年目には7割弱・3年めには8割弱程度の、改善効果が確認されています。
加えて言うのであれば、当該のお薬を更に1年間与え続け観察を行った所、4割程度が改善維持効果がり、2年間投与では3割強、3年間では2割程度という成果が出ているのです。
プロペシアの処方については、健康保険書は不要でクリニックに来院して頂く事になりましょうが、大学病院の様に何時間も待つ必要がありません。
(1)受付を通してから、待合室にて問診票を記入して下さい。
(2)次に医師により、問診票を基準に頭髪を確認しますので、質問事項や不安な点や疑問点があれば質問して疑問点を解消しておきます。
(3)問診が終わればすぐにお薬を処方します。
料金は28錠1セットのものが7500円ですから、必要な分だけ処方して貰いますが、持病があって別の薬を併用している場合等は、最小限だけ貰い、次回に再診を受け医師の指示を仰ぐという方法もあるのです。

This entry was posted in プロペシア. Bookmark the permalink.