AGAに効果があるプロペシア

AGA(男性型脱毛症)に悩まされている男性は非常に多いです。
昔は男性の脱毛と言うと高齢者のイメージがあったものの、最近では20代や30代といった若い男性でも脱毛に悩まされることが増えているそうです。
そのAGAの悩みを大幅に改善してくれるとして注目されているのがプロペシアという医薬品です。
なぜ男性ばかりに脱毛症が多いかと言うと、男性ホルモンの一つであるジヒドロテストステロンが多く分泌されていることが原因と言われています。
男性の成長期に欠かせないホルモンですが、20代30代以降からほとんど必要とされないホルモンなのです。
そのため、女性には少ないため脱毛症が少ないと言うわけです。
このジヒドロテストステロンが毛根に作用することでヘアサイクルが短くなり脱毛してしまうのです。
プロペシアという医薬品はジヒドロテストステロンが作られないようにする薬なのです。
先ほども述べたように、このホルモンは成長期に必要なホルモンであり、20代以降にはあってもなくても健康上何ら問題のないホルモンです。
そのため、副作用も少ないため、安心して利用することができます。
その利用方法は基本的には経口投与となります。

つまり、飲み薬です。
形状は錠剤となっており、1日1錠を服用することが基本となります。
ただし、効果があまり見られないときは、医師との相談の元で服用する量を増やしていくことになります。
最大で1日5錠までは認められています。
間違ってはいけないのが、服用する量に比例して効果があるというわけではなりません。
あくまでジヒドロテストステロンの生成を抑制するもので、抑制された状態にさらに投薬しても効果がないのは当然です。
その服用するタイミングですが、基本的に食後食前どちらでもいいですし、朝晩どちらかで服用かは定められていません。
自分のライフスタイルに合わせて服用すればいいため、利用者に対する負担はほとんどありません。
ただし、どんな医薬品でも言えることですが、アルコールと一緒に服用するのは控えたほうが良いとされています。
もちろん服用してすぐに効果があるというわけではありません。
効果が出てくるのは数ヶ月かかると言われており、目安として半年です。

上記でところどころ記載していますが、プロペシアは医薬品であり医師の指導の元で服用するものです。
そのため、脱毛症で悩まれている男性は一度専門の医療機関で診察してもらうことが大切です。
そこでAGAかどうか判定され、そこで初めて処方されるわけです。
あくまで脱毛症の一種にAGAがあり、これでない脱毛症に対しては効果がないのです。
効果がないものに数ヶ月の時間と料金を費やしていくのは無駄な行為です。
そのようなことがないためのAGAチェックであり、医療機関なのです。
プロペシアを利用して脱毛症を改善したいと思うのならば、少し面倒に思うかもしれませんが医師の指導の下で利用することが何よりも大切なことです。

This entry was posted in プロペシア. Bookmark the permalink.