私の髪を救ったプロペシア

自分で言うのもなんなのですが、私は20代の頃はイケメンで通っていました。
20代当時の私はボーカリストとしてバンド活動に励んでいました。
そんな私も、メンバーの就職や結婚の為にバンドが解散した頃から、徐々に薄毛が気になる様になっていたのですが、私の薄毛の改善に、あるAGA治療薬が役に立ちました。
それは35歳の時、昔のバンドメンバーで飲み会をした時の話です。
かつてのファンだった女性も何人か集まってくれて、昔話に花が咲きました。
そんな中で、ドラム担当だったメンバーから「プロペシアっていう良い薬があるよ。」
と、突然言われました。
彼はバンド休止後、海外薬品の個人輸入代行を始めていて、医薬品に非常に詳しくなっていました。
プロペシアというのはAGA治療薬、つまり抜け毛に効く薬だというのです。
「一度お医者さんに行って、診断してもらうと良いよ。
もしAGAだとわかったら、安く取り寄せられるから」彼は、他の人には聞かれない様に私にそう告げると、他のメンバーのバカ話に参加しに席を立ちました。
彼とは高校生からの付き合いで、バンドも彼と二人で始めたのでした。
そんな親友の言う事を信じてみようと思い、私は後日、医師に相談しに行ったのです。
医師からはAGAであるという診断を受けました。
AGAというのは男性型脱毛症の事で、男性ホルモンの変化によって起る脱毛症を指す言葉らしいです。
そして、AGAはフィナステリドという成分を持つ薬で治す事が出来る、という事を医師から教わりました。
更に医師の説明で、友人の進めてくれた医薬品は正にフィナステリドを主成分にしたAGA治療薬である事がわかったのです。
すぐに私は友人に連絡して薬の注文し、その10日後には薬を受け取りました。
それからと言うもの、私はプロペシアを服用しつつ、禁煙したり規則正しい生活をする様に心がけました。
髪には生え変わりのサイクルがあるので、如何に優秀な薬でも効果を実感するのには時間がかかるようです。
一箱28錠入りのプロペシアは一日一錠の服用が原則ですので、約一ヶ月に一箱を使用します。
私は出来るだけ安く購入する為に、纏めて何箱か購入する様にしました。
服用し始めた当初は効果があるのか半信半疑でしたが、二ヶ月経った頃には抜け毛が減っているな、と感じ始めました。
そして、服用開始から半年が経った頃には、何本か太い髪が生えて来ている事に気がついたのです。
これは行ける、と確信した私はミノキシジル配合の育毛剤も併用する様になりました。
それから更に1年が経ち、私はかつての髪を取り戻す事が出来たと実感しました。
明らかにボリュームが一年前とは違います。
妻からは「なんだか若返ったね」と言ってもらえました。
薬を紹介してくれた友人に、久しぶりに会いにいくと、私の髪が復活している事に驚いていました。
友人は「せっかく若々しくなったんだから、またバンドでも始めたいね」と言ってくれました。
私の髪を取り戻してくれたプロペシアには本当に感謝しています。

This entry was posted in プロペシア. Bookmark the permalink.