男性薄毛の悩みに役立つプロペシアの特徴

髪が薄くなると、外見が老けて見える、好きな髪型が楽しめないなど様々な悩みが出てきますが、今は髪の問題も治療でかなり改善できる時代となっています。
市販の育毛シャンプーや育毛剤などのケアでも十分な結果が得られないというのであれば、治療も検討していきたいところです。
最近は薄毛治療もかなり高度な技術が利用されるようになっていますが、その中でも特に低価格で無理なく始められるといえば、やはり薬を使った治療ではないでしょうか。
そして薄毛治療で特によく使われている薬といえば、プロペシアがあげられます。

薄毛の薬というと、頭皮に直接つけるというイメージがありますが、この薬は飲んで薄毛を改善していくタイプの薬です。
男性の薄毛の原因は様々ありますが、特に影響が大きいものでは男性ホルモンがあげられます。
そしてプロペシアはこの男性ホルモンの働きを抑えるのに役立つとされており、長期に服用していくことで薄毛の予防を行えるとされています。
薬の購入方法としては、まずはAGA治療を行う医療機関で処方してもらうという方法がありますし、最近では海外医薬品の個人輸入という形で購入される方も増えているようです。
個人輸入の場合はより薬を安く出来るというメリットがありますし、日本ではまだ販売されていないジェネリック的な薬もい購入することができます。
医療機関の場合は、医師の診察を受けながら治療を変えていくことができるメリットもあり、なんといっても安全に薬できると言えるでしょう。
そして、プロペシア単体だけではなく、頭皮につけるタイプの薬であるミノキシジルが併用して使われることも多くなっています。
これは血行を促進させて頭頂部の薄毛改善に役立つ薬です。

ミノキシジルは女性の薄毛治療にも利用されることがありますが、プロペシアは男性専用の薬となっており、女性や子どもは利用することができません。
特に妊娠中の女性は胎児に影響が出る場合もあるとのことですので、女性や子どもが同居している場合は薬の管理はしっかり行っておくことが大切です。
錠剤ですので、通常の取扱では有効成分に触れることはありませんが、容器などに入れて湿気のないところに保管しておくことがおすすめです。
プロペシアの有効成分はフィナステリドとなっており、服用は1日1回、一錠を服用するだけですので、簡単で誰にも無理なく続けられる治療といえます。

薬の効果の出方は個人差がありますが、飲み始めて間もなくは、目立つ効果はあらわれにくくなっていますが、3ヶ月もすれば効果が実感できる人も多いようです。
それから最初の1ケ月は初期脱毛という症状で、通常より抜け毛が増えることもありますが、これは毛周期が影響しているともされており、症状が現れない方もあります。
乱れた毛周期を整えるための変化とも言われており、この初期脱毛は1ケ月もすればおさまってくるので特に問題はないとのことですが、不安に感じる場合は医師に相談してみると良いでしょう。

This entry was posted in プロペシア. Bookmark the permalink.