男性型脱毛症に効果があるプロペシアの秘密

男性型脱毛症に悩んでいる男性は大勢いますが、最近様々な良い薬が登場し希望を与えています。
その中の一つに、アメリカのメルク社の日本法人であるMSD社から販売されているプロペシアという男性型脱毛症治療薬がいま注目されています。
もともと、抗アンドロゲン薬の1つとして、前立腺肥大症や前立腺癌の治療薬として開発された薬ですが、男性型脱毛症治療薬としても効果があることがわかり、応用されるようになったという経緯があります。
現在、プロペシアは男性型脱毛症治療薬として世界60カ国以上で承認されており、日本国内でも2005年から発売されています。
プロペシアが男性型脱毛症に作用する仕組みは、ジヒドロテストステロンの働きを阻害することにあります。
このジヒドロテストステロンは、皮脂腺を作りだす細胞と結びつくことによって大量の皮脂を発生させてしまうのです。
皮脂が過剰に分泌することによって、毛穴を塞いでしまいます。
このため健康的な発毛が阻害され、男性型脱毛を誘発してしまうのです。
しかし、プロペシアはこのジヒドロテストステロンの働きを阻害するために、結果的に男性型脱毛の誘発を引き起こさないようにさせる効果があるのです。
臨床実験のデータはすこぶる良く、少なくとも男性型脱毛症の進行をおさえることができたという意味では、3年間の間に実に98%の人に効果が見られました。
また脱毛を食い止めるだけではなく、髪の毛が増える効果も確認されており、国内の臨床試験では6ヶ月の服用で48%、1年間で58%、2年間で68%、3年で78%と、年数を重ねるごとに、髪が増えたというデータが出ています。
さらに、髪が増えるのみならず、髪が太くなったり、長くなったりというような、髪の質の変化も報告されています。
改善部位も頭頂部はもちろん、これまで難しいとされてきた髪の毛の生え際などにも、効果があることが認められています。
その点で従来の育毛剤とは異なっています。
気になるのは副作用ですが、本来の目的である前立腺の治療に使われるのと比べると、量が非常に少ないので、副作用も大きな報告はありません。
MSD社からの報告では、6%の人に胃部不快感や性欲減退などが見られ、頻度は不明ですが、肝機能障害が起こる可能性があると報告しています。
やはり、薬ですので医師と相談しながら服用することが大切です。
服用の方法は、1mgを上限として、1日1錠を服用します。
必要に応じて適宜増減することは可能で、服用時間も自由です。
ただし、プロペシアを服用できるのは成人男性に限られます。
女性や未成年が服用することはできません。
特に妊娠中の女性は服用してはいけません。
また、服用後一ヶ月は献血を行うことができませんので注意が必要です。
価格は1錠250円前後となり、1か月に換算すると9,500円~13,000円程度で販売されています。
利用者の多い都市部ほど安い価格で販売されています。

This entry was posted in プロペシア. Bookmark the permalink.