プロペシアってどんな薬?

プロペシアはアメリカのメルク社が開発した内服タイプの男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。
日本の厚生労働省からも発毛効果の承認を得ている数少ない薬の1つです。
主要成分はフィナステリドという物質です。
これはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、臨床試験でフィナステリドの低容量使用によって発毛効果が認められたため、育毛剤として販売されました。
ちなみに、高容量のフィナステリドはプロスカーという商品名で前立腺肥大症の薬として販売されています。
propecia1

都内ではどこが最安値か?

プロペシアの最安値情報ですが、こちらは「プロペシア自体はやすくても診察料が高い」
「行くのが遠いから交通費がかかる、だから結局高くなる」
というりゆうもあり、一概には言えません。

いろいろな所に問い合わせるのが一番です
この店が最安値だ!といっても実際に行かなければ値段はわからないのです。

都内ではタクシーに乗るとプロペシアとダイエットの広告が座席前にあります。
それを参考にすることが良いでしょう。

まとめると、当サイトのタイトル「プロペシア、都内の最安値はココだ!」の答えは「交通費などを考えると家から近い所がおすすめ」という事です。

いちばんいいのは、一番家から通いやすい所です。
結局それが一番ですよ。

AGAの原因

AGAが引き起こってしまう主な原因であるのが、はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンです。
このDHTは男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素5αリダクターゼが結合することで生成されます。
本来健康な毛髪は毛母細胞で細胞分裂が盛んに行われることで髪の毛をつくり出しますが、DHTが増えると毛母細胞の働きが弱まり髪の毛が生えにくくなってしまいます。
ところが、プロペシアを服用するとフィナステリドが5αリダクターゼの働きを阻害するため、テストステロンがDHTに変わることができずに再び毛母細胞を活性化させるのです。
肝心なプロペシアの効果についてですが、国内の臨床試験ではフィナステリド1mgを1年間服用し続けた人の約5割、2年服用した人の約6割、3年服用した人の8割弱にAGAの改善効果が認められています。
効果的な服用方法についてですが、まずは容量・用法を正しく守ることが大切です。
フィナステリドの1日の摂取限度は1mgまでとなっています。
冒頭で紹介したプロスカーはフィナステリドを5mg配合していますが、プロスカーを服用したとしても効果が5倍になるわけではありません。
逆に副作用が出やすくなるだけです。
また、プロペシアの効果はすぐに出るものではありません。
少なくとも半年間は服用し続けることが大切になります。
それまでに効果が見られないからと服用をやめてしまっては育毛効果は期待できません。
特に最初の1ヶ月程は初期脱毛と呼ばれる脱毛量の増加が見られることがありますが、ここで服用を止めてしまわないようにしましょう。
副作用についてですが、男性ホルモンの働きを抑制する薬ということで、男性機能に低下が見られることがあります。
症状自体は軽度なものですが、性欲減退やED、射精障害などがまれに起こります。
女性が服用することは固く禁じられています。
特に妊娠期の女性は薬に触れることも避けなければなりません。
妊娠した女性がフィナステリドを摂取してしまうと男性ホルモンが減少し、胎児が男性だった場合には男性器の成長が止まってしまったり、奇形が生じたりすることがあります。
誤って薬を落としたりしないように取り扱いには細心の注意を払うように心がけましょう。
最後になりましたが、プロペシアはドラッグストアなどでは購入することはできません。
購入するには医師の処方箋が必要になります。
また、購入には保険が適用されませんので、その点にも注意しましょう。
医師の診察を受けるのが面倒だという人や値段が高すぎるという場合には海外から個人輸入するという方法もあります。
この場合には処方箋は必要ありませんし、価格も半額以下で購入することができます。

お役立ちサイト紹介

他サイトで申し訳ありませんが、いろいろ調べていると、こちらのサイトがかなり良くできていたのでご紹介します。
クリックすると閲覧できます・・・プロペシアについて
このサイトを一通り読みましたが、実によくできている、非常に優れているサイトでした。
私も将来的にはこのようなプロペシアについて超詳しく、そしてわかりやすいサイトを作っていきたいですね。

追記事項

プロペシアの服用前に必ず医師にご相談して下さい。
医師と二人三脚で育毛に取り組めば、無駄に悩む人要なく、スムーズに発毛が行えるでしょう。

Posted in プロペシア | コメントは受け付けていません。

髪の毛の悩みはプロペシアで解決を!

最近、目に見えて毛の量が減ってきてしまっているという方もいるのではないでしょうか?
普通の方でもある程度は毛が抜けてしまうものですが、そこまで髪の毛が薄くなる程は抜けないものです。
それが、ある日から「こんなに毛が抜けてしまうもの?」
と疑問に感じているうちに、髪の毛自体が薄くなってしまったという方もいるでしょう。
男性は早いと20代前半からこの異変に気が付く方もいて、20代後半からは少しずつ増えていきます。
原因は頭皮の環境や遺伝など様々ありますが、まずはどうにか対策をしたいものですよね。
今最もポピュラーな医薬品で、髪の毛をどうにか増やすことができるのがプロペシアになります。
どこかで髪の毛のことで悩んでいない方も聞いた事があるくらいの、有名な医薬品です。
こちらはインターネットの医薬品通販サイトでも購入ができますし、クリニックでも購入が可能です。
実は日本だけでなく世界60か国で承認されている為、そういった意味でも安心して服用をすることができます。
2001年から臨床試験を行い、2003年には厚生労働省へ申請がされていているので、2005年から日本でも販売されるようになりました。
そういった意味では日本では最近の医薬品にはなりますが、既に利用している方も多数いてこの悩みを解決してきています。
プロペシアを購入されるときに注意したいのが、日本で認可を受けている医薬品ではあるのですが、価格がそのまま10割負担になるということです。
認可も受けていて健康保険が使えそうなイメージもあるのですが、実は健康保険の適用外となってしまいます。
クリニックに行ってから手持ちがなくて驚くことのないように、少し多めにお金を持って相談しに行きましょう。
飲み方のコツとしては、まず結果が出ても出なくても続けて飲み続けるということです。
1日や1週間で効果を実感できるような医薬品ではありません。
風邪薬のようなものではなく、毎日続けていくことで3か月以上経った頃からその効果を実感することができるようになってきます。
中には半年まで毎日服用しても効果を感じなかったのにも関わらず、半年を過ぎてから1年経つに連れて効果を感じるようになった方もいます。
ですので、続けるということを忘れてはいけないのです。
プロペシアの効果を実感できるのが、20代から上は50代くらいまでの男性です。
例えば70代の方が使用をしても効果は薄い場合もあります。
そして、脱毛症意外に特に病気もなく健康であることも条件となりますので、病気を他にされている方はクリニックで医師に相談をしてみてください。
プロペシアには現状を維持する効果もあり、それ以上髪の毛の抜けを増やさないように食い止めることもできます。
これ以上髪の毛をなくさずに、今後は増やしていきたいと考えている方の医薬品になりますので、今悩んでいる方は上手に活用をしていきましょう。
クリニックでは予約なしでそのまま相談できるところもあります。

Posted in プロペシア | コメントは受け付けていません。

正しい知識で使いたいプロペシア

脱毛症で悩まれている人は非常に多いです。
そのような人の希望とされているものがプロペシアという医薬品です。
効果があるとされているため、現在多くの人々から注目されているのです。
ただ、注目されているがゆえに勘違いをしている人も少なくありません。

propecia23たとえば、全ての脱毛症に対して効果があるわけではありません。
AGA(男性型脱毛症)に対してのみ絶大な効果があるのです。
というのも、男性ホルモンの生成を阻害する医薬品だからです。
そのため、元々男性ホルモンの少ない女性に対してはほとんど効果が認められていません。
(認められていないだけで、研究の結果によっては効果が実証される可能性もあります)もちろん、脱毛で悩まれている男性でもAGAでなければ効果がないのです。
ただし15歳以上の日本人男性全体の32%がこのAGAと言われています。
脱毛症に悩まされている人に限定するとさらにその割合は高くなります。
つまり、脱毛に悩まされている大半の男性はAGAであり、当然プロペシアの効果が期待できます。
ただその効果はあくまで脱毛の防止です。
発毛に関しては効果は認められていないのです。

つまり、髪の毛のボリュームを維持する効果があるものの、それ以上にボリュームを増やすことはこの医薬品では期待できないのです。
そのため、「脱毛症を改善できる医薬品があるから薄毛になっても安心」と気を緩めておくのは危険です。
現在の医療技術では薄毛を改善する方法はまだ完全に確立されていないのです。
だから、脱毛が気になり始めた人は早めに医療機関に足を運んで早めに対処することが大切です。
早期に対応すれば、薄毛になる心配もありません。
またAGAは遺伝すると言われています。
家族や親戚にAGAだと診断された男性もAGAの可能性が高いのです。
そのような男性は、脱毛の症状が出てくる前に医療機関でチェックすることもできます。
AGAチェックは遺伝子パターンの解析であるため、症状がなくても判断することができるのです。
AGAの陽性だと診断されたら、プロペシアを服用することによって症状が出る前から対処することができるのです。
その医療機関は皮膚科というイメージが多いですが、プロペシアは飲み薬であるため内科でも受診することができます。
他にも男性も扱っている美容系クリニックでも受診できます。
ただし、全てのところが対応できるわけではありません。
対応できないクリニックに受診しても、全く意味がありません。
どこの皮膚科・内科で診断できるのかは、インターネットを利用することですぐに分かります。
このようにプロペシアについて、多くの誤解をされている人が大勢いらっしゃいます。
誤解したままでは、脱毛症を改善するどころか治療のチャンスを逃してしまう可能性もあります。
正しい知識を身につけて行動に移すことによって、的確に利用することで薄毛を阻止して悩みを解消することができるでしょう。

Posted in プロペシア | コメントは受け付けていません。

AGAに効果があるプロペシア

AGA(男性型脱毛症)に悩まされている男性は非常に多いです。
昔は男性の脱毛と言うと高齢者のイメージがあったものの、最近では20代や30代といった若い男性でも脱毛に悩まされることが増えているそうです。
そのAGAの悩みを大幅に改善してくれるとして注目されているのがプロペシアという医薬品です。
なぜ男性ばかりに脱毛症が多いかと言うと、男性ホルモンの一つであるジヒドロテストステロンが多く分泌されていることが原因と言われています。
男性の成長期に欠かせないホルモンですが、20代30代以降からほとんど必要とされないホルモンなのです。
そのため、女性には少ないため脱毛症が少ないと言うわけです。
このジヒドロテストステロンが毛根に作用することでヘアサイクルが短くなり脱毛してしまうのです。
プロペシアという医薬品はジヒドロテストステロンが作られないようにする薬なのです。
先ほども述べたように、このホルモンは成長期に必要なホルモンであり、20代以降にはあってもなくても健康上何ら問題のないホルモンです。
そのため、副作用も少ないため、安心して利用することができます。
その利用方法は基本的には経口投与となります。

つまり、飲み薬です。
形状は錠剤となっており、1日1錠を服用することが基本となります。
ただし、効果があまり見られないときは、医師との相談の元で服用する量を増やしていくことになります。
最大で1日5錠までは認められています。
間違ってはいけないのが、服用する量に比例して効果があるというわけではなりません。
あくまでジヒドロテストステロンの生成を抑制するもので、抑制された状態にさらに投薬しても効果がないのは当然です。
その服用するタイミングですが、基本的に食後食前どちらでもいいですし、朝晩どちらかで服用かは定められていません。
自分のライフスタイルに合わせて服用すればいいため、利用者に対する負担はほとんどありません。
ただし、どんな医薬品でも言えることですが、アルコールと一緒に服用するのは控えたほうが良いとされています。
もちろん服用してすぐに効果があるというわけではありません。
効果が出てくるのは数ヶ月かかると言われており、目安として半年です。

上記でところどころ記載していますが、プロペシアは医薬品であり医師の指導の元で服用するものです。
そのため、脱毛症で悩まれている男性は一度専門の医療機関で診察してもらうことが大切です。
そこでAGAかどうか判定され、そこで初めて処方されるわけです。
あくまで脱毛症の一種にAGAがあり、これでない脱毛症に対しては効果がないのです。
効果がないものに数ヶ月の時間と料金を費やしていくのは無駄な行為です。
そのようなことがないためのAGAチェックであり、医療機関なのです。
プロペシアを利用して脱毛症を改善したいと思うのならば、少し面倒に思うかもしれませんが医師の指導の下で利用することが何よりも大切なことです。

Posted in プロペシア | コメントは受け付けていません。

確実に髪を増やすならプロペシア

物の数について、多い少ないという事を論じる時、二つの視点が考えられます。
先ず、過去と比べて数が増えているか減っているかという視点です。
中世と比べて世界の人口は多くなっていると言えますね。
もう一つは平均値を基準にした視点です。
平均人口や平均所得といった数値を基準にして、多いと言ったり少ないと言ったりする事が出来ます。
では、毛髪の数に関してはどちらの視点が有効だと言えるでしょうか。
その答えは、両方であると言えるでしょう。
以前と比べて髪が減っている、という言い方も出来ますし、平均的な毛髪数より少ないとか多いという言い方も出来ます。
ただこれが、こと薄毛の話題になると前者の”以前と比べた数”が問題になるのではないでしょうか。
元々毛髪が少ない場合は、生来のものである事から薄毛とは別問題だと言えます。
今まで生えていた髪が少なくなっていく事が、薄毛の話題の中心であると言えますし、そこから如何に元通りの毛髪量に戻すのかという事が、薄毛改善のメインテーマだと言えるでしょう。
さて、近年テレビコマーシャルで耳にするAGAという言葉があります。
AGAは男性型脱毛症を指す言葉で、男性の薄毛の話題において一つのキーワードとなっています。
育毛剤の広告などでも、頻繁にAGAについての解説を見る事が出来るのですが、AGAとは具体的にはどの様なものなのでしょうか。
これは、男性の薄毛の原因をジヒドロテストステロンという男性ホルモンに求める考え方だという事が出来ます。
ジヒドロテストステロンとは、男性にとって重要なホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素の影響で変化したものです。
ジヒドロテストステロンは通常の男性の体内にも存在しています。
ただ、非常に強力な男性ホルモンである事から、薄毛の原因となりやすいのです。
特に、体質によりジヒドロテストステロンが多く生成されてしまう方や、その影響を受けやすい体質の方は、薄毛になりやすいと言われています。
また、ジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型がありますが、特にⅡ型は男性ホルモンの働きを高める力が強く、薄毛の根本原因となっている様です。
Ⅱ型5αリダクターゼは、特に頭頂部や前頭部に多く存在しているようで、まさに薄毛を発症しやすい箇所に存在しているという事が出来るのです。
上記の仕組みの発見がAGAという概念を生み出しました。
さて、仕組みはわかったが改善法はあるのか、というのは当然の疑問ですね。
プロペシアという薬品の開発がその答えとなります。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、Ⅱ型5αリダクターゼの還元作用を阻害します。
薄毛の原因を生み出す5αリダクターゼの内、特に強力なⅡ型の働きだけを抑えるので。
人体への影響が少なく、頭頂部や前頭部の薄毛に的確に効果を与えることが出来ます。
全ての薄毛について効果があるわけでは無いのですが、少なくともAGAと診断された方はプロペシアによって高い改善効果が期待出来ます。
元通りの毛髪量を取り戻したいという方は、一度医師の診断を受けて、プロペシアの使用を検討してみると良いでしょう。

Posted in プロペシア | コメントは受け付けていません。

AGAの悩みはプロペシアで解決

プロペシアというのはアメリカの製薬会社が開発した世界レベルでも60カ国以上で承認され実績のある男性型脱毛症用薬です。
ちなみに男性型脱毛症用の事を英語では(androgeneticalopecia、androgenicalopecia、alopeciaandrogenitica)と表現する事が出来、通称AGAと省略して呼ばれる事も多くあります。
この薬が日本で国の認可が下りたのは2005年に、日本の製薬メーカーから0.2ミリグラム錠と1.0ミリグラム錠が発売され、外観は薄いピンク色をしているのです。
それでは、プロペシアの歴史について紐解いて見ましょう。
そもそもこの薬は男性の脱毛症の為に開発されたわけでは無く、抗アンドロゲン薬という男性ホルモンをコントロール薬が開発され、前立腺のガンとか前立腺肥大症の治療薬として生まれたのです。
そして、そのお薬に含まれている有効成分はフィナステリドという物質を含むので、排尿障害の治療薬としても現在も使用されています。
そして、前立腺関連の患者に投与したところ、患者の頭髪が増加していく減少が確認されたのは想定外であった訳ですが、ここから前立腺関連の研究とは別に、AGAの為の研究が始まりました。
また、プロペシアの効果・効能について言及しますとAGAも原因物質は、ジヒドロテストステロンという物質で、実際のAGAの患者の頭皮からもジヒドロテストステロンがある事がわかっています。
このジヒドロテストステロンは5α還元酵素という物質により、テストステロンという筋肉を増大させたり、肩幅や胸筋等を発達させる役割を持つ物質が生成されるのです。
そして、このジヒドロテストステロンが、毛髪の生える土台の大坊である毛乳頭細胞に存在すると男性ホルモン受容体と結合されてしまうと、成長期である毛髪にも関わらず「育毛を停止しなさい」というメッセージが出され、毛髪の生育が停止してしまい、結果として毛髪が薄くなってしまいます。
そこで当該のお薬を使えば、ジヒドロテストステロンを意図的に阻害して抑制する事により。
成長期の溜めの時間を作り、太くてコシのある髪を生育しようという事なのです。
日本国内に臨床試験の結果では、この薬の検証結果によれば、プロペシア1ミリグラムを1年間の間に投与して、1年目には6割弱程度・2年目には7割弱・3年めには8割弱程度の、改善効果が確認されています。
加えて言うのであれば、当該のお薬を更に1年間与え続け観察を行った所、4割程度が改善維持効果がり、2年間投与では3割強、3年間では2割程度という成果が出ているのです。
プロペシアの処方については、健康保険書は不要でクリニックに来院して頂く事になりましょうが、大学病院の様に何時間も待つ必要がありません。
(1)受付を通してから、待合室にて問診票を記入して下さい。
(2)次に医師により、問診票を基準に頭髪を確認しますので、質問事項や不安な点や疑問点があれば質問して疑問点を解消しておきます。
(3)問診が終わればすぐにお薬を処方します。
料金は28錠1セットのものが7500円ですから、必要な分だけ処方して貰いますが、持病があって別の薬を併用している場合等は、最小限だけ貰い、次回に再診を受け医師の指示を仰ぐという方法もあるのです。

Posted in プロペシア | コメントは受け付けていません。

プロペシアで発毛を実感しました

私は数年前から薄毛に悩まされており、鏡で自分の頭皮を見てみると地肌が透けて見えたり、洗髪中に抜け毛が増えていたりなどと最悪な状況でした。
そんな時にドラッグストアで購入した髪に良いとされているシャンプーや育毛剤をつかってみたりしたのですが、これといった効果はなく髪が増えることはありませんでした。

私の父親も薄毛でしたし、私自身も年を重ねるにつれて薄毛になってしまう事は覚悟していたことなのですが、実際に薄毛になってしまうと非常にショックでした。
私はインターネットで薄毛対策について調べてみたらAGAというものを知りました。
このAGAとは男性型脱毛症のことであり、DHTというジヒドロテストステロンという物質の影響により薄毛になってしまうものです。
簡単に説明すると薄毛対策にはこのDHTと呼ばれるジヒドロテストステロンの産生を抑制するのが大事であり、このジヒドロテストステロンを抑制してくれるお薬がプロペシアといいます。

propecia53このプロペシアは米国メルク社が開発したものであり、一般的にはフィナステリドと呼ばれています。
また、日本では厚生労働省へ承認申請をした後に2005年12月から国内で発売がはじまりました。
私は薄毛を治したいという気持ちからクリニックに通うことを決意し、お医者さんに自分の頭皮の状態を見てもらいました。
その結果わたしはAGAという男性型脱毛症だと分かり、プロペシアの服用を開始しました。
このお薬は1日に1回を飲むことが条件であり、私は就寝前にお薬を飲みました。

私はお薬を飲み始めて、早く効果が出て欲しいと思いながら飲んでいたのですが、1週間そして2週間たっても効果が見られませんでした。
お薬を飲んでも私の薄毛は改善出来ないものかと不安になったその時に鏡で私の頭皮をよく見てみたら、頭皮のM字部分に産毛が生えていることを確認しました。
最初は気のせいなのかなと思っていたのですが、それからずっとお薬を飲み続けることにより産毛だった細い毛が太い毛へと変わったのです。
その時私は効果が出ていることを実感し飛び上がるほど非常に嬉しかったです。
今までに色々な育毛法や髪に良いとされているシャンプー、育毛剤などをつかってみて効果がなかった私ですが、お薬を飲み始めたことにより発毛を実感出来たため、これだったら私の薄毛は改善できると確信できました。

以前だったら細くて弱々しい毛が、お薬を飲み始めることにより髪にコシが出てきたり、抜け毛が減るようになりました。
私はそれからプロペシアを飲み続けていますが、お薬を飲む前の頭皮の状態と比べたら髪がフサフサになったことを実感します。
私の髪がフサフサになったことからお薬を飲み続けて本当に良かったと思っています。

薄毛になる原因は人それぞれあると思いますが、私のような男性型脱毛症の場合は是非プロペシアの服用をオススメしたいです。
早めに薬の服用を始めれば薄毛改善の効果も早く出ると思いますし、1ヶ月分のお薬も7000円程度なので是非服用してみてはいかがでしょう。

Posted in プロペシア | コメントは受け付けていません。

私の髪を救ったプロペシア

自分で言うのもなんなのですが、私は20代の頃はイケメンで通っていました。
20代当時の私はボーカリストとしてバンド活動に励んでいました。
そんな私も、メンバーの就職や結婚の為にバンドが解散した頃から、徐々に薄毛が気になる様になっていたのですが、私の薄毛の改善に、あるAGA治療薬が役に立ちました。
それは35歳の時、昔のバンドメンバーで飲み会をした時の話です。
かつてのファンだった女性も何人か集まってくれて、昔話に花が咲きました。
そんな中で、ドラム担当だったメンバーから「プロペシアっていう良い薬があるよ。」
と、突然言われました。
彼はバンド休止後、海外薬品の個人輸入代行を始めていて、医薬品に非常に詳しくなっていました。
プロペシアというのはAGA治療薬、つまり抜け毛に効く薬だというのです。
「一度お医者さんに行って、診断してもらうと良いよ。
もしAGAだとわかったら、安く取り寄せられるから」彼は、他の人には聞かれない様に私にそう告げると、他のメンバーのバカ話に参加しに席を立ちました。
彼とは高校生からの付き合いで、バンドも彼と二人で始めたのでした。
そんな親友の言う事を信じてみようと思い、私は後日、医師に相談しに行ったのです。
医師からはAGAであるという診断を受けました。
AGAというのは男性型脱毛症の事で、男性ホルモンの変化によって起る脱毛症を指す言葉らしいです。
そして、AGAはフィナステリドという成分を持つ薬で治す事が出来る、という事を医師から教わりました。
更に医師の説明で、友人の進めてくれた医薬品は正にフィナステリドを主成分にしたAGA治療薬である事がわかったのです。
すぐに私は友人に連絡して薬の注文し、その10日後には薬を受け取りました。
それからと言うもの、私はプロペシアを服用しつつ、禁煙したり規則正しい生活をする様に心がけました。
髪には生え変わりのサイクルがあるので、如何に優秀な薬でも効果を実感するのには時間がかかるようです。
一箱28錠入りのプロペシアは一日一錠の服用が原則ですので、約一ヶ月に一箱を使用します。
私は出来るだけ安く購入する為に、纏めて何箱か購入する様にしました。
服用し始めた当初は効果があるのか半信半疑でしたが、二ヶ月経った頃には抜け毛が減っているな、と感じ始めました。
そして、服用開始から半年が経った頃には、何本か太い髪が生えて来ている事に気がついたのです。
これは行ける、と確信した私はミノキシジル配合の育毛剤も併用する様になりました。
それから更に1年が経ち、私はかつての髪を取り戻す事が出来たと実感しました。
明らかにボリュームが一年前とは違います。
妻からは「なんだか若返ったね」と言ってもらえました。
薬を紹介してくれた友人に、久しぶりに会いにいくと、私の髪が復活している事に驚いていました。
友人は「せっかく若々しくなったんだから、またバンドでも始めたいね」と言ってくれました。
私の髪を取り戻してくれたプロペシアには本当に感謝しています。

Posted in プロペシア | コメントは受け付けていません。

男性型脱毛症に効果があるプロペシアの秘密

男性型脱毛症に悩んでいる男性は大勢いますが、最近様々な良い薬が登場し希望を与えています。
その中の一つに、アメリカのメルク社の日本法人であるMSD社から販売されているプロペシアという男性型脱毛症治療薬がいま注目されています。
もともと、抗アンドロゲン薬の1つとして、前立腺肥大症や前立腺癌の治療薬として開発された薬ですが、男性型脱毛症治療薬としても効果があることがわかり、応用されるようになったという経緯があります。
現在、プロペシアは男性型脱毛症治療薬として世界60カ国以上で承認されており、日本国内でも2005年から発売されています。
プロペシアが男性型脱毛症に作用する仕組みは、ジヒドロテストステロンの働きを阻害することにあります。
このジヒドロテストステロンは、皮脂腺を作りだす細胞と結びつくことによって大量の皮脂を発生させてしまうのです。
皮脂が過剰に分泌することによって、毛穴を塞いでしまいます。
このため健康的な発毛が阻害され、男性型脱毛を誘発してしまうのです。
しかし、プロペシアはこのジヒドロテストステロンの働きを阻害するために、結果的に男性型脱毛の誘発を引き起こさないようにさせる効果があるのです。
臨床実験のデータはすこぶる良く、少なくとも男性型脱毛症の進行をおさえることができたという意味では、3年間の間に実に98%の人に効果が見られました。
また脱毛を食い止めるだけではなく、髪の毛が増える効果も確認されており、国内の臨床試験では6ヶ月の服用で48%、1年間で58%、2年間で68%、3年で78%と、年数を重ねるごとに、髪が増えたというデータが出ています。
さらに、髪が増えるのみならず、髪が太くなったり、長くなったりというような、髪の質の変化も報告されています。
改善部位も頭頂部はもちろん、これまで難しいとされてきた髪の毛の生え際などにも、効果があることが認められています。
その点で従来の育毛剤とは異なっています。
気になるのは副作用ですが、本来の目的である前立腺の治療に使われるのと比べると、量が非常に少ないので、副作用も大きな報告はありません。
MSD社からの報告では、6%の人に胃部不快感や性欲減退などが見られ、頻度は不明ですが、肝機能障害が起こる可能性があると報告しています。
やはり、薬ですので医師と相談しながら服用することが大切です。
服用の方法は、1mgを上限として、1日1錠を服用します。
必要に応じて適宜増減することは可能で、服用時間も自由です。
ただし、プロペシアを服用できるのは成人男性に限られます。
女性や未成年が服用することはできません。
特に妊娠中の女性は服用してはいけません。
また、服用後一ヶ月は献血を行うことができませんので注意が必要です。
価格は1錠250円前後となり、1か月に換算すると9,500円~13,000円程度で販売されています。
利用者の多い都市部ほど安い価格で販売されています。

Posted in プロペシア | コメントは受け付けていません。

男性薄毛の悩みに役立つプロペシアの特徴

髪が薄くなると、外見が老けて見える、好きな髪型が楽しめないなど様々な悩みが出てきますが、今は髪の問題も治療でかなり改善できる時代となっています。
市販の育毛シャンプーや育毛剤などのケアでも十分な結果が得られないというのであれば、治療も検討していきたいところです。
最近は薄毛治療もかなり高度な技術が利用されるようになっていますが、その中でも特に低価格で無理なく始められるといえば、やはり薬を使った治療ではないでしょうか。
そして薄毛治療で特によく使われている薬といえば、プロペシアがあげられます。

薄毛の薬というと、頭皮に直接つけるというイメージがありますが、この薬は飲んで薄毛を改善していくタイプの薬です。
男性の薄毛の原因は様々ありますが、特に影響が大きいものでは男性ホルモンがあげられます。
そしてプロペシアはこの男性ホルモンの働きを抑えるのに役立つとされており、長期に服用していくことで薄毛の予防を行えるとされています。
薬の購入方法としては、まずはAGA治療を行う医療機関で処方してもらうという方法がありますし、最近では海外医薬品の個人輸入という形で購入される方も増えているようです。
個人輸入の場合はより薬を安く出来るというメリットがありますし、日本ではまだ販売されていないジェネリック的な薬もい購入することができます。
医療機関の場合は、医師の診察を受けながら治療を変えていくことができるメリットもあり、なんといっても安全に薬できると言えるでしょう。
そして、プロペシア単体だけではなく、頭皮につけるタイプの薬であるミノキシジルが併用して使われることも多くなっています。
これは血行を促進させて頭頂部の薄毛改善に役立つ薬です。

ミノキシジルは女性の薄毛治療にも利用されることがありますが、プロペシアは男性専用の薬となっており、女性や子どもは利用することができません。
特に妊娠中の女性は胎児に影響が出る場合もあるとのことですので、女性や子どもが同居している場合は薬の管理はしっかり行っておくことが大切です。
錠剤ですので、通常の取扱では有効成分に触れることはありませんが、容器などに入れて湿気のないところに保管しておくことがおすすめです。
プロペシアの有効成分はフィナステリドとなっており、服用は1日1回、一錠を服用するだけですので、簡単で誰にも無理なく続けられる治療といえます。

薬の効果の出方は個人差がありますが、飲み始めて間もなくは、目立つ効果はあらわれにくくなっていますが、3ヶ月もすれば効果が実感できる人も多いようです。
それから最初の1ケ月は初期脱毛という症状で、通常より抜け毛が増えることもありますが、これは毛周期が影響しているともされており、症状が現れない方もあります。
乱れた毛周期を整えるための変化とも言われており、この初期脱毛は1ケ月もすればおさまってくるので特に問題はないとのことですが、不安に感じる場合は医師に相談してみると良いでしょう。

Posted in プロペシア | コメントは受け付けていません。